2020年08月26日

合気柔術の魅力

 今日は水曜日です。
先週は中野体育館の練習場がとれなくて1週あきましたが、今日は合気道の練習日です。
 水曜日の朝になると、その日の練習の課題を先生に聞かれるので、今日は何を目標として稽古をするか前もって考えておかなければいけません。
 今日の目標は「自分の中心の確立」ということを練習目標にしたいと思っています。

この”中心”というのはとても難しいことで、どんなスポーツや武道でも頭のてっぺんで空を押すような気持ちや頭を糸で引っ張るような感じ、腰を入れ背骨を立てる気持ちなどの表現がありますが、なかなかうまくいきません。

 特に合気道では”天地人合一”と言われる様に天のイメージ、地のイメージ、そして自分である人の中心を意識し、それが一本線に繋がりそれが中心の確立ということになります。
tikyu.gif

 また、とのスポーツと違いその中心を崩さないというが技を掛けるときに必要となってきます。
 つい攻撃したり、技を掛けるときに体が前に出て中心軸が前に移動したり、頭が突っ込んでしまいがちになりますが、合気道においてはその軸を確立して、緩みで技を掛けることが大切なことで、その技を修練すると”術”になってきます。
 深く考えてみると、軸をその場に留めるということは、剣術で言えば「後の線」相手が斬って来た時にギリギリまで我慢して、有利な時まで待つということが「後の線」に繋がるので、中心軸が動いてはいけないということなのかと、理解しています
download.jpg

 自分も合気道を始めて早いもので7年過ぎました。
まだまだろくな技もかけることが出来ませんが、今までのスポーツと相違点が多く、力、爆発、スピードなどのスポーツで必要な要素が封印して無駄な動きを出さないことが必要です。
 他の武道やどんなスポーツも奥が深いですが、自分が思うに合気道は特に奥が深い武道と感じることが多いので、興味が沸いてくるのかもしれませんね。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:33| Comment(0) | 大東流合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]