2020年10月01日

お洒落な老眼鏡

 50も後半になると、目も衰えて、老眼がかなり入ってきます
また、現在は一番度が軽い、1.0の老眼を使用してPCや書類をみています。

 今までは、メガネには特にこだわりがなく「見えればいいや!」と思って、いくつかのメガネを購入しました。しかし、お安いものは壊れ安く、デザインもあまり良くなくすぐに飽きてしまいます

 先日も急いでメガネをかけようと思い、雑に扱ってしまうと「ポキン!」と耳にかける部分が折れてしまいました。
 新しいものを購入しなければと思い、ネットで検索しているとお洒落に嵌まり、気が付くとボストン型のメガネを注文していました。
 やはり、フランス製はデザインもよくて気に入りました。
images.jpg

 そのメガネをかけていると、仕事場にきた長女が「パパ、こっちを向いて!手塚治虫みたい!」と笑っていました。
 確かにボストン型は凹凸がはっきりしている外国人がかけるとかっこいいですが、日本人がかけると、昭和初期のダサいオヤジに見えるかもしれませんね。

 ファション性のある方や映画俳優のジョニーディプがかけると、ボストン型はお洒落に見えます
images.jpg

 自分も若い頃、メンズビギの見た目はダサイ丸めがねのサングラスを使っていたこともありました。それはそれなりに自分では似合っていたように思いました
download.jpg

 次は、その丸めがねのタイプで、明治時代イメージのこんなタイプのメガにしようと思っています。
また、娘に笑われるかもしれませんね

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]