2020年10月28日

ラマダン3日目

 自分は年に一度ぐらい軽い断食をします。

 体調が思わしくなかったり、体重が増えたり、気持ち弛んできたり、生活習慣が乱れてくると「自分にカツを入れる思いで、行うことにしています」
 
 イスラム教徒が断食を行う約1カ月間を「ラマダン」と言われてして、この期間は日中の飲食を断ち、神の恵みに感謝するという目的だそうです。 神様への信仰心と自分自身での修行という意味合いもあるかと思います。

 自分はいつも生ものを好まないので、「何故、お刺身を食べないの?」と聞かれると「宗教的理由で・・・」と言っていますが、特に信心をしている宗教は特にありませんが、断食は健康手的にも生活習慣の見直し、自分への修行という意味でいいことだと思います。
images.png

 断食といても全く口に何も入れないのではなく、糖分を含まない水分や少しの食べ物は食します。

そしてラマダンとは違い自分は3〜4日です。

 今回の断食は2日目ですが、時々断食を行うと、気持ちの上で空腹感にも耐えることができ、楽しみもさえ感じます

 今回の目的は、コロナ禍で生活習慣や食事内容、休日の過ごし方が乱れているので、その調整が主な目的です。

 よく「ダイエッツ」と言いますが、なかなか難しいことで、飽食の時代、誘惑も沢山あるます。
 禁煙でもそうですが、禁煙外来で、ニコチンガムやニコチンパッチなどの頼っている方は禁煙できません。
 そこは意思が大切で「タバコをやめる」という気持ちよりは「タバコを吸わない」と心に誓うほうが禁煙率は高いと思います。

 今回の断食も「4日食べない」と思ったほうが気持ちも安定します。

以前、4日間のラマダンをしていて、最後の夕食を抜けば成功という時に、剣道仲間が治療にきて「國安さん、軽く飲みに行きましょう!」という言葉にやられて、誘いに乗ってしまったことがありました。せっかくここまで頑張ったのに、最後の最後で挫折してしまいました

 その剣友が今回のラマダン1日目の昨日来院して、飲みに誘われました

 今回はどんなことがあっても“やりとげる“という強い意志があり、「昨日からラマダンだから行きません」と強くお断りしました。

今日で3日目、あと2日、体調の変化も出てきたので気持ちを引き締めて頑張ります


そのいつも飲みに誘ってくれる剣友こそ、一ヶ月ぐらいのラマダンが必要なぐらいの体格をしてると思いました
download.jpg


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


posted by のりじ at 07:37| 東京 ☁| Comment(0) | 健康について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]