2020年11月14日

大東流の迷子

 どんなことでもスランプがあります。
その壁を超えない限り、次へのステップに進むことができません。
 仕事、勉強、スポーツなど、その壁を乗り越えることが成長であり、また、喜びでもあります。

 現在、自分が修行中であります大東流合気柔術でかなり迷子になっています。
課題である呼吸技というのがあります。その呼吸技というのを簡単に説明しますと、立ち技と座り技があります。

 まずは座取りというのは、お互い向かい合って正座をして座り、自分の両手首を相手が掴み、自分が技をかけて相手を崩しますが、かける側の気配を感じると相手が体重を乗っけて止めるわけですが、相手も接触感を感じたら容赦なく止めるので相手に分からにいように技をかけるということは、熟練した方ほど反応がよく止められてしまいます。
何度も何度も失敗しながらの稽古です。
download.jpg

 それを立った状態で行うことが立ち技の呼吸法です。

 どう考えても、力を出力すると、相手に気配が分かり止められてしまいます。しかし、先生にかけられると、何度も技がかかり「かかった!」と納得できます。
 「どうして?」「どうすれば?」「何が起こっているのか?」という疑問だらけ

色々とネットで動画を見たり、文献を読んだりしてはいますが、「どうにも分かりません」
 先生の指導は、手とり足とりは教えて頂けませんが、何度も何度も技をかけて頂き「その感覚を体で習得して下さい」という指導です。

出来の悪い弟子には、時々、理論的なアドバイスもして頂けます。

 座取り呼吸法で言えば、「頭と背骨は弓道でいう弓、そして前腕は矢、背骨を緩め、二の腕など腕に全く力を入れないで、相手の腋窩をめがけて矢を放つ感覚で掛けてみて下さい」と、アドバイスを頂きました。それをイメージしていますが、なかなか難しいです。
download.jpg

 先日、大東流の参考になりそうな本をみつけました。
今週末はじっくり読んで少しでも今の課題の呼吸技ができるようになるために参考にしたいと思っています!難しいことだからやりがいがあるのでしょうね

51LQzrbwZAL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg


朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
posted by のりじ at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | 合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]