2020年11月24日

追悼稽古

 昨日は楽中野キリンスポーツセンターで、楽心館の合気道の有段者稽古会がありました。
この連休は、諸用で岡山に帰省をしていたいため、東京に戻ってくるのが、夕方ぎりぎりになったのですが、なんとかこの稽古会に間に合いました。
 
この日の楽心館の稽古は、今年お亡くなりになられた40代の指導員の先生の追悼の意味もある稽古会でした。

 私もこの楽心館に入門して、7年になりますがその先生と数回、この有段者稽古会で稽古をお願いして、お酒も酌み交わし、以前は極真空手をされていたこの先生が、何故、楽心館の門を叩いたのか?などのお話をしたこともあったので、稽古やそんなやり取りの良い思い出を蘇らせる稽古会となりました。

 コロナ禍で、いつもより人数的には少ない参加人数ですが、普段、稽古をすることができない、他の道場の方々と時間にして1時間版ぐらいの稽古時間でしたが、今回の稽古は、いつもの中野の稽古ではやらない内容も沢山あり、とても楽しく勉強にもなりました。
 
 このスポーツ施設の隣の道場では、中野のS剣道道場の方々がおられ、顔見知りの知り合いも数人来られていて、わざわざご挨拶に来てくれました。
 
今回の岡山の帰省、楽心館の稽古も、隣でお会いした剣道の先生にお会いしたので、全てご縁でしす。生きているからこそ可能になったことです。
 今回の追悼稽古でも、痛感したように生きているからご縁がある、そして楽しく、厳しい稽古ができるわけです。
 皆様と一緒にそのことを考え直して、喜びたいと思います。(合掌)

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 08:28| 東京 ☁| Comment(0) | 大東流合気柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]