2021年01月19日

古く良き友達

 30十数年前に付き合いがあった古いお友達からSNSで連絡が来ました。
元々、数年前にブログを偶然見てメールで連絡をくれました。

それからは2回目ぐらいの連絡でお互いの近況を少しやり取りすることはありました。

 そんな友達が今回は自分の母の事と、コロナ禍で心配して連絡をくれました。
当時のことを思い出す内容のやり取り、今でこそ言える話などと数回繰り返してやり取りすると、当時の気持ちが蘇り、懐かしさや恥かしさなどの複雑な気持ちが押し込めていた気持ちが解放されたかのように湧き出て戻ってきました。

 当時、自分も開業して忙しく、貧乏だったその頃、父の形見であった10万円金貨をその友達に渡して「何かあって困ったらこれを使って下さい!」と手渡したことを覚えています。
ずっとそのことは記憶にあったのですが、それはあげたものとして、期待もしていませんでした。

 昨日はその友達から「そろそろあの時のお父さんの形見をお返ししたいと思っています。今までいいお守りになって今日まで頑張れました。」という返信がきました。

 自分はその返信に対して「父の形見なのでもしあれば持っておきたいですし、お聞きすると幸せそうな日々を送っているので、貴方には必要ないのでお戻し頂けると嬉しいです。」と返信しました。
o0591058414465196912.jpg

  そのお友達に最後に会ってから25年ぐらいだと思いますが、コロナでの緊急事態宣言が解除されて落ち着いたらお会いして、金貨を受け取ると同時に昔の懐かしい話や甘酸っぱく苦い経験などの話をしてみたいと思っている今日この頃です

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]