2021年02月04日

鍼の著効例

 今回の症例は肩関節痛、いわゆる50肩の症例です。
この方は、3か月ぐらい前から聞き手の右肩の違和感があり、近くの接骨院で治療をされていました。
 そして、1ヶ月半ぐらい前から夜間に右肩の痛みが酷く寝ることができないという状況でした。
整形外科で痛み止めの薬や注射を一回されましたが、痛みは変わらないということでした。
images.jpg

 そのような状態で睡眠も不足して困っていた時に夢を見たそうです。
その夢というのは、15年ぐらい前に数回治療に行った國安鍼灸整骨院の夢だとういうことでした。
 そんな話をされて15年ぶりぐらいに来院されたということでした。

以前の通っていた鍼灸接骨院では2か月ぐらい電気、マッサージという治療をされていて、そこでは「これは鍼しかないですね!」と言われ、こわごわ鍼をされ痛い思いをされて恐怖感があったようです
 その恐怖感をケアーするのは大変ですが、然りと話をして優しい鍼をしました。
その方も「以前の鍼と違い、痛みもなく気持ちが良いぐらいです!」と笑顔でお帰りになりました。

 そして、5日後の二回目に来られた時には「2割ぐらいの痛みがとれました!」と言われ、その次の3回目に来された時には「8割に痛みがとれてよく寝られるようになりました!」と凄く喜ばれていました。

 今回、4回目の鍼治療にこられたときは、肩の動きはまだよくありませんが、9割の痛みがとれた様です。
 患者様も喜ばれて、「夢を見て先生のとろに来てよかったです!しかも、こんなに楽になりましたし、先生はいろんなことをしっかり聞いいてくれて、安心しました。」と喜ばれていました。

 以前からあった腰痛や肩こりも楽になって、顔色もよくなりました。
自分にとっても嬉しいばかりです!また、貴重な勉強をさせて頂きました

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]