2019年03月09日

さみしい知らせ

 昨年、大学の2年上の先輩が亡くなり、先月は1年先輩が亡くなられたという訃報がきました。
 どちらの先輩方も、鍼灸業界や医療業界に業績を残された先生方です。しかし、57.56歳にして天国にいらっしゃるのは早すぎます。そう思うと、残念で残念でしたがありません。

 私の父も鍼灸師で、他界したのは60歳でした。父の年に至るまでは自分も5年です。

100歳時代と言われる昨今、人生どこでどうなるか?いつまで命があるのか本当に分かりません。

 自分が若い頃から思っていたのは、特に宗教を振興していたわけではありませんが、大学生の頃、役者の丹波哲郎さんの”死後の世界”という本を数冊読んだことがきっかけで、輪廻転生(人間は何度か生まれ変わる)され、人間界は修行をするところであり、その修行を終了すると人間界を卒業してあの世に逝くそうです。
download.jpg

 前世で足りなかった修行をこの世ですることによって、その修行が終われば年には関係なく、あの世にいくという考えを書かれていました。

 修行の途中に自分で自分の命を絶ってしまうと、その霊は成仏できなくて人間界よりも辛い思いをするようなことも書いていました。
images.jpg

 その本を読んでからは、亡くなった方に対しては、沢山の思い出と同時にもう会うことができないと思うととても悲しい気持ちになりますが、こうも思います。「修行が終わりましたね!ご苦労様!」という気持ちもあります。
 人生は「修行」なので苦難や悩みが尽きないのだとおもいます。

 

生きている限り、日々、一生懸命生きなければ天国には行けないのですね!

お世話になりった先輩方のご冥福をお祈り申し上げます(合掌)
 
 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院



posted by のりじ at 08:13| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

訃報

 昨日、デイサービスのご利用者さんが亡くなりました。
もともとその利用者さんは剣道繋がりのお父さんで、96歳という高齢でしたが、とても元気が良くて、日常生活においてもほとんど自分のことは自分でできるぐらい元気でした。

 年が明けて2日前にデイサービスに来られ、新年の挨拶をして世間話をしました。
バイタルを測定すると体温が高く、この日の運動は無理だということで少し話をして、息子さんと連絡をとって自宅にお送りしました。
 そして、その状態をケアマネージャーさん連絡しおいたようです。

 昨晩、息子さんからlineが入り、お亡くなりになったことを知りました。
びっくりしたと同時に「天寿を全うされました。」と思い、「長い間ご苦労様でした」と心の中でお祈りいたしました。

 思い起こせば、何度かお酒の席にご一緒したこともありますし、デイサービスでの送迎も何度か行かせて頂きました。
 その車中で、支那に戦争に行った時のことや戦友の話で、だんだん戦友が少なくなっていって寂しいなどの話を笑いながら話してくれました。
 特に戦争に行って経験談は自分らには全く想像もできないぐらいの話が多く、びっくりすることばかりでした。

 そのような貴重な経験を話して頂き、本当に今の日本の平和、治安の良さを感じる次第でした。
 そして、今の日本があるのも、この時代の方々が命をかけてい頂いたお陰だと本当に思います。
 お疲れ様でした!ゆっくりお休みください。また、ご冥福を心よりお祈りいたします(合掌)
images.jpg
 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 12:51| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

悲しいお知らせ

 大学の2年先輩が亡くなったというとても悲しいお知らせがありました。
この先輩とは学生の頃からお世話になり、上京後も時々連絡を頂き、吉祥寺に呼び出され、お酒を飲みに連れて行ってくれたよき先輩でした。
 また、医学博士でもあり鍼灸業界で、大変な業績を残された方で、鍼灸師としても研究者としても雲のような人でした。

鍼灸学会等で、お会いすると「頑張っているか?」と優しい言葉をくれ、「懇親会で話をしよう」と、最近では希ですがお話をすることもありました。
 そんな先輩が、2年ぐらい前になりますが何年かぶりのメールで連絡がきました。
「久しぶりに國安と飲みたいね!」という内容だったので、私は「先生のお誘いでしたら、喜んで!」という返信をしました。
 しかし、その後、連絡はないので、「忙しく時間がとれないのかな?」と思っていました。
そして、ある研究会で、その先生のお弟子さんが「また、皆さんは知りませんが、実は、先生、闘病中で入院されています」という話をお聞きしたのは3ヶ月ぐらい前だったと思います。

 その後、自宅に連絡しても連絡がつかないので、メールで様子をお聞きすると何週間後に返信が来て、「病気で療養中です」という連絡がきました。
 新先輩の先生は、鍼灸業界で私の父の事もよく存じていて、「親父さんは偉大な人だったね。60歳で亡くなるのは早いね!」とよく言っておられました。
 しかし、先輩の今回亡くなられた先生は57歳でした。
最後に一度お会いして、話ができなかったのが大変心残りで残念でありません

 人生、いつどうなるかは分かりません。毎日、後悔しないように精一杯生きることを再認識しました。(合掌)

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
明治国際医療大学


posted by のりじ at 08:45| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

偲ぶ会

 お世話になっている剣道の道場の元教士の先生が2週間目にお亡くなりになりました。
その先生とは20年来のお付き合いで、患者さんとしても時々、鍼灸治療に来られていました。
 また、段審査も同段を目標として、稽古をお願いしたりしていました。
 ここ最近は、道場でお見かけすることがなく気になっていましたが、亡くなられた後に話をお聞きすると「体調も回復して、これから剣道の稽古ができます」ということだったようです。
 そんなお話を聞いていて、パソコンのスライドショーに中野区の大会の集合写真や道場の納会、部内大会での写真に写られている故人を拝見していると実感がわかなくて、もうお会いできないと思うとなんだかさみしい気持ちになってきます。

 今晩、そんな先生を思い出しながら偲ぶ会を元師範の先生のお声がけで、道場の現在の師範を含め、教士の先生方がお集まりになるということです。
 そのような会に自分も声をかけて頂き、ゆっくりと故人の思い出話を来てこようと思っています。
 人間、いつどこでどうなるか分かりません。
日々、全力投球できがない毎日を送りたいものですね!
 阿部先生のご冥福をお祈りいたします(合掌)

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
佼成武徳会剣道部ブログ

posted by のりじ at 06:59| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

さみしい思い

 昨日、悲しい知らせがありました。
46歳の友人が亡くなりました。
 この友人とは家族づきあいをしている次女の同級生の家族です。
妻同士はバレーボールの仲間で、時々、家族同士でご飯を食べたり、鍼灸治療をしにきていたりしていました。

 亡くなったご主人とはバイク仲間で、ハーレーのショップのナイトツーリングに参加したこともありました。
 
13177975_615610175264756_858067882796587868_n.jpg


13092164_615609831931457_447054023901583941_n.jpg


13124708_615609915264782_782164113003833877_n.jpg

 故人は恰幅もよく、体には多くのタトゥー、そしてピアスがいっぱい、しかも髭ズラで見た感じ、とっても怖そうなおっさんですが、付き合ってみるとめっちゃ優しく、いいやつでした。

 私も数年前に最初、娘の小学校の運動会で見かけたときは”頑張ってる感”満載で、気合が入っていると思ってみていましたが、本当は見かけとは違い本当にいい人でした。

 妻はというと毎週行われているバレーボールの練習に奥さんとこられ、チームを強くするために、フィジカルトレーニングのメニューを故人が作り、みんなとトレーニングをしていたようでした。
 そんな彼が、急に心不全で亡くなり、家族も私もびっくりしてしまいました。
とても身近で、しかも急なできごとだったので、まだ信じられないという感じです。

 私が最後に会って話した時には、「またバイクに乗りましょう!」「釣りにもいきましょう!」「また、飲みましょう!」など、いっぱい約束をしていたのに46歳という若ささでいってしまいました。
目を閉じると笑った顔が浮かんできます。(合掌)


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 06:43| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

訃報

 先週、実家の兄から連絡が来ました。
実家の隣の50数年来の付き合いがある、家族同様の付き合いをしていた叔母さんがなくなったという連絡でした。
 数年前に脳梗塞で倒れ、帰郷した際にはお見舞に行ってきました。
考えてみれば、隣の家族とは家族同様な付き合いをしていて、息子さんは兄と自分との間の年齢で、子供の頃には剣道の道場にも一緒に通っていて、よく行き来して遊んでいました。
 水戸の剣道の全国大会にも同行してくれたこともありました。

 母と亡くなられた叔母さんは、一緒に買い物に行ったり、近年では温泉によく行ったりしていたようでした。

 そんな友人が亡くなって、母もショックだったようです。
 
 先週は、丁度、母も東京に滞在していたし、母の妹の叔母が岡山から上京していたこともあったので、娘さんから「叔母さんたちが岡山に帰るまでは言わないで下さい。」と言われていたので、悲しい知らせは告げないでいました。
 一昨日、母たちは帰郷して、訃報を知ったようで、昨晩、妻に連絡が来ました。
 
 自分も亡くなった叔母さんとは50数年の付き合いで、学生の頃、帰郷すると「あんた!帰っとるん?元気でおるん?」と愛媛弁でよく声をかけてくれたり、大人になって帰郷すると「則光、これ好きじゃろう!」と、ちらし寿司を作ってくれたり、本当にいい叔母さんで思い出も沢山あります。
 今年はお盆でも帰郷して、お線香をあげてきたいと思っています。(合掌)
img_0_m[2].gif

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 07:02| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

訃報

 年末の31日に館山の妻の祖母が亡くなりました。
丁度、その日の朝、館山に向かう途中の来るまで知らせを受けました。
 実はその朝の早朝に長女と「姫気は年末にお婆ちゃんに会っていないから、今日、館山に行ったら、そのまんま施設にいるお婆ちゃんに会いに行こうね!」と話をしていました。
 そしてその直後、訃報の連絡が来たということです。

 実はお婆ちゃんは、4〜5年前からいつもサーフィンに行く千倉海岸の近くの施設にお世話になっていて、昨年の12月ぐらいに妻と二人で会いに行ってきました。
 そして、そのときは少し反応がある程度で、意識はほとんどない感じでした。

 今にしてみれば、年末に会いに行ってよかったと思います。ましてや妻の姉妹は叔母ちゃん子で、両親が仕事を持っていたので学校から帰るとお婆ちゃんと過ごす時間が多く、寝るときも一緒だったと言っていました。

 私も、館山に行くようになってからなので、16年ぐらい前からの付き合いで、お餅つき、畑を耕したり、田植えなど一緒にした楽しい思い出が蘇ってきます。

 先日、年末に叔母ちゃんの亡骸に会いに行ったときは、以前よりは痩せて、ゆっくりと眠っているようでした。

 妻と子供達は、昨晩から館山に行き、私も今日の仕事を終えて館山に向かい、楽しい思い出を持って、最後のお別れをお婆ちゃんとしてきます。
 お婆ちゃんのご冥福をお祈りいたします(合掌)

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 07:15| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

訃報

 昨日、剣道の道場の同級生の友人がお亡くなりになりましたたらーっ(汗)
一昨日の朝、その友人のお母さんから妻に連絡が入りました。泣きながら「息子が亡くなり、今日のデイサービスは休ませてもらいます。」との連絡でした。
 その電話を聞いた妻は大泣きしていましたもうやだ〜(悲しい顔)

考えてみるとその友人とは付き合いも長く、私が上京してからの付き合いなので、30年弱になります。
 道場では稽古で一緒に汗を流し、若い頃は一緒に団体戦で剣道の試合にもよく出たものです。剣道の審査では、名古屋、日本武道館、栃木など一緒に行った記憶があります。また、若い頃には鍋横のお祭りではお神輿も何度か一緒に担ぎました。
 治療院にも患者さんとしてもよく来られていました。
子供達同士も剣道のチームメイトで、一緒に汗を流していました。
そんな付き合いでした。

 昨晩、姫気が「パパ、嘘みたい!A先生が亡くなったなんて。今までよく怒られていたけどもう、怒られることもないと思うと寂しい。残されたTくん兄弟が可哀想」と泣きながら語っていまいた。
 子供達にとってみれば、身近で少し前まで稽古で怒られていた人が亡くなられたことは大変ショックだったようです。
 そんな子供達に「人は生まれてきたなら必ず、亡くなるのは決まっているから、今、生きている時に後悔しないように一所懸命生きなければいけないよ!」と言っておきました。

 ここ最近、デイサービスに来られるお母さんに様子を聞いていたので、先週のお昼休みに病院にお見舞いに行ってきました。
今思うとその時には意識は無かったですが、手を叩くとこっちを見て反応がありました。
最後に会っていてよかったと思いました。
故人のご冥福を心からお祈りいたします。(合掌)

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m

また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。

中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ

posted by のりじ at 07:01| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

悲しみとやり甲斐

 デイサービス“ぴーなっつ”を起業して1年が過ぎました。
その利用者様の中で、始めの頃から当施設にこられていた方が先日亡くなりました。
 昨日、利用者様の奥様がご報告に来てくれ、詳しいことを話してくれました。

その亡くなられた利用者さんは元皮膚科の医師でユーモアもあり、また気さくな方で、よく為になる医学の情報誌やご自分のアイディアで作った商品化したものなどをお持ちになり見せてくれました。
 また、旅行好きな方で旅先の写真を見せてくれ、昔を懐かしんでいました。

そんな方が、1ヶ月前ぐらいに体調を崩されデイサービスに来ることができなくなり、今週の初めに天寿を全うされましたたらーっ(汗)

 この方の思い出で印象的だったのは、何人かの男性の利用者さんたちで話が盛り上がり、中野に飲みに行こうとい話になり、日時を決定しました。
 なんせ皆様、80代90代歳と高齢でしたので、集合時間も早く、また歩行も危ういので当院の宅見先生も同行という話になりました。
しかし、予定の日には当本人の体調が悪く延期となりました。

 そして何週間後に再度予定を組んで、集合となりました。そのときは私も参加を促され、行くことになりました。

 その当日は、楽しく中野の居酒屋でお酒を飲み、なんと二次会に行くとのことであせあせ(飛び散る汗)お洒落なバーにも行きました。

そんな飲み会があり、皆さんが「時々やろうよ!この会の名前は・・・?そうだジジイ達の飲み会に先生たちを呼ぶのだから・・・“いけにえの会”っていうのはどうだい!」と言われていました。
 そん思い出と寂しい気持ちとで複雑な心境でしたが、昨日、奥様が「本当にぴーなっつに来るのを楽しみにしていました。最後までありがとう御座います。故人も穏やかな顔で旅立ちました。」とお言葉を頂いたときに胸に熱いものを感じ「本人と家族の方の喜びがデイサービスの本質的な意義だ」と確信しました。

 故人のご冥福を心よりお祈りいたします(合掌)

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m

中野区新中野の國安鍼灸整骨院、デイサービス・ぴーなっつのホームページへ



posted by のりじ at 07:23| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

恩師の訃報


 子供の頃、岡山市内にある研心館道場という剣道の道場に通っていました。
その道場で、大変お世話になった館長先生が亡くなられたとういう連絡を兄貴から知らせがありました携帯電話
 岡山県剣道連盟のホームページを見ると「岡山県剣道連盟相談役 坂根正義先生が9月6日ご逝去されました。」という内容が記載されていました。

 兄からの連絡でも、6日に87歳で亡くなられたということでした。既に葬儀は先週の週末に行われたということでした。
 
そんな先生が危篤という話を兄貴から聞いたのは、岡山の兄の治療院に研心館道場の他の先生が治療に来られていたので、約3週間前に聞いていました。

私がこの道場にお世話になったのは、幼稚園から中学校2年生までだと記憶しています。
 とても厳しく怖い先生でしたが、いまだにこの先生の教えが身体にしみついています。
剣道の指導は基より、人間形成の教えの方が多かったように思えます。
 私が今現在こうやって、剣道をしているのもこの先生にお蔭だと思います。勿論、現在の佼成武徳会の先生方のお蔭も当然あります。

 懐かしさのあまり、研心館道場のHPを何度も見直しました。
是非、この研心館道場のHPをご覧ください。
 研心館道場には鋼領があり、剣道の稽古の前後の礼のときには必ず、読まされいていまだに覚えている鋼領です。

 今では我が子たちに毎晩言わせて、暗記させています。子供の頃はよくわからない言葉もありましたが、今となっては有難い言葉です。これを脳裏に焼き付け、日々の生活を送っているような気がします。
 HPの集合写真の昭和52年の中に私も中学1年生で映っています。

 先生との思い出は沢山あります。子供の頃は、道場からの合宿、土用稽古、寒稽古、多数の試合、年末の大掃除、お餅つき、水戸錬成大会への出場など思い出は数えきれないほどあります。

思い出の中で、今から19年前に鍼灸整骨院を岡山で開業しようと思い、先生に挨拶に行ったときの話です。20年ぶりに道場を訪れた私は、一礼をして道場に入りました。すると稽古中で道場の上座でかかり稽古を受けていた坂根先生が、稽古中の子供が引き技で下がった瞬間に私の頭を竹刀で叩き「来たんなら着替えて稽古をしろ!」と笑顔をちらっと覗かせました。(二十年ぶりなのに覚えているの!)

 そしてその言葉に従い、胴着に着替えて稽古をつけて頂きました。しかしまったく手がでません!(この爺さん強い!)

 稽古を終えて、先生が「冷たいものを食べに行くから待っとけ!」と稽古中の怖さがなく、優しい先生の笑顔で話をしました。
 もう一つの思い出も、今から7年ぐらい前の元旦に、岡山に帰省した時に兄と一緒に研心館道場の鏡開きに顔を出した時のことです。一礼をして道場に入るや否や「はよー防具に着替えてこい!」と言われ、稽古をお願いしました。

 その稽古の後に「稽古しとるの〜六段取ったんか?次は七段じゃの〜頑張れよ!」と言われました。
「東京では佼成武徳会剣道部でお世話になっており、その道場では田原弘徳先生師範をされています。」というお話をすると「いい師匠に恵まれたな!剣道の教えは師匠で決まるから、その先生の言うとおりにしなさい。間違いないからexclamation」というお話を頂きました。

 できれば剣道の七段に合格して先生に御報告と心の中で思っていましたが、残念にもまだ七段までは手がとどいていません。

 これから、今一層に精進を重ね、剣道七段に合格した暁には、坂根先生の岡山のお墓にそっとご報告したいと思っています。
 長い間、坂根先生ご苦労様でした。先生の意思を細々と継がせて頂きます。

先生のご冥福を心からお祈りいたします(合掌)

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
研心館道場
佼成武徳会剣道部のホームページへ
岡山市の京山鍼灸処整骨院へ
ラベル:s-IMG_0538.jpg
posted by のりじ at 07:53| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

悲しい知らせ

 先日の日曜日に、大学の2級上の先輩から悲しいメールが来ました携帯電話
 明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)時代の私より2級先輩で、当時在学中に大変お世話になった女性の先輩の訃報でしたたらーっ(汗)

 当時学生だった我々は寮で200人近くの学生と生活していました。この頃、お腹を空かした我々に、この先輩はご飯を食べさせてくれたり、お金がなく散髪に行くことができない我々の髪を切ってくれたり、テスト勉強を教えてくれたりして大変お世話になった先輩でしたm(__)m

 この先輩は大学卒業後、神戸の鍼灸院に勤務して、それから芦屋で鍼灸院を開業しました。
 
 私も京都から岡山に帰郷するときに時々、治療院に寄らしてもらい鍼灸治療を受けたり、業界の話をお聞きしたりしていました。

 その後、私も大学を卒業して東京で就職していた頃にも時々連絡をしていました
電話
 そんなある日、その先輩から連絡があり「今、東京に来ているけど時間あるexclamation&question」と言われ、早速その夜に時間を作り夕食を一緒にしました。

 その時の話では、芦屋の鍼灸院を閉めて、知り合いを頼ってスエーデンに行き、鍼灸治療の普及に行くことにしたという話でした。
 私はその話を聞いてびっくりしました。しかし、夢がありすばらしいことだと感動しましたぴかぴか(新しい)そしてエールを送りましたexclamation

 その次の日に彼女は成田空港からスエーデンに旅立ちました飛行機それから時々、手紙を頂きスエーデンの生活状況や鍼灸治療へのニーズなどを伝えてくれました。
 クリスマスにはプレゼントを送ってくれましたプレゼント

 それから月日が経ち、スエーデンで永住権を取得することができなく、残念ですが帰国して神戸に戻るという連絡がありましたメール

その後は連絡も途切れ、年賀状だけのやり取りでした。

 そして先週の日曜日に、その先輩と同級生の方らのメール連絡で訃報を知らされましたたらーっ(汗)
 こんなにいい人がこんなに早く亡くなるなんて・・・人生のはかなさ、不公平さも痛感しました。

 私も年齢的には変わらないので、これからの人生どこで何があるかはわかりません。これからの日々の生活の中で、一所懸命、悔いが残らない毎日を送らなければいけないと思います。

ひらめき先輩との楽しい思い出が蘇り、ご冥福を心からお祈りいたします。合掌。

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:50| Comment(2) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする