2019年08月02日

嬉しい知らせ

 久しぶりの患者さんから連絡が来ました。
「先生!お久しぶりです!先週出産がしましたので、今日鍼灸治療をお願いします!」という連絡でした。
 その方のカルテを見ると11ヶ月前が最後の治療でした。
主訴は妊活、肩こり、手足の冷えということでした。
 「ということは妊娠されたんだ!」と思い、嬉しく思いました

 もともとお子さんが欲しいということで定期的に鍼灸治療をしていました。しかし、なかなか子宝に恵まれなく、年齢的にも最後だと思って人工授精をされ、結果はダメだったということでした。そのところまで治療に来られていてそこまでの話は聞いていました。
download.png

「やはり鍼灸で自然に妊娠することを目指しましょう!」というお話をさせて頂き、その後も数回の鍼灸治療をさせて頂きました。
 それからぽつんと、来院がなくなりました。

時々、「その後、あの方どうされたのだろう?実家の近くにお引越しをするような話もされていたので、引越しをされたのだろうか?」と思い出すこともありました。
 今回、11ヶ月ぶりに来院されて、お話をお聞きすると「人工授精はダメで、それから諦めていたのですが、その2ヶ月後に妊娠することができました!家族で鍼灸治療のおかげだと喜んでいました。そして先週、無事に出産することができました。どうしても産後のケアで鍼灸をして頂きたくて、夫に赤ちゃんをみてもらって、今日は治療に来ることができました!」と、以前とは打って変わって明るい笑顔で話をしてくれました。
images.jpg

 引越しも私の自宅に近くに引っ越して来られ、同じ町内会ということもお聞きしました。

 ここ半年、妊活(妊娠の活動)の鍼灸治療で、鍼灸治療通われている中で4人目の出産でした。
 自分も喜ばれる顔を観ることができ、また、今後の妊活への治療にも自信がより一層つきました。
 これからも皆様に喜ばれる治療をしていきたいと心から思いました。
 

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:23| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

また腰痛Σ(゚д゚lll)

 昨日、お昼休みの大東流の稽古に行きました。
中野体育館の地下の柔道場は冷房もなく湿度も高いためか、通常は8人ぐらいで稽古をしていますが、昨日は4人でした。
 その分、稽古内容も濃く厳しい稽古でした。
投げられて受身をとる回数も多く、また、稽古の目的で当て身の稽古も多くしました。
 稽古を終えて仕事場に戻り、治療をしていると腰に引っかかる感じがあり「これはやばい!」と思い、ブラックジャック鍼灸師に軽くはりをして貰い、剣道仲間といつもの焼鳥屋さんに第二道場ということで行きました。
 お酒を飲みながら話すこと2時間半、席を立つと腰が伸びません(汗)
download.jpg

 帰宅してお風呂に入り、そのまま就寝。
しかし、夜中に何度か、腰の痛みで目が覚めましたが朝まで寝ていたようです。
 今朝起きると、「腰が伸びない!仕事ができるかな?」と思いながらやっとトイレに行きました。
 その姿を見ていた妻が「今、はりしようか?」と声を掛けてくれたので、朝の6時から時間外治療をしてもらいコルセットを巻いて仕事場にきました。

 何とかやっと動けたので仕事も出来そうになりました。
今日の剣道、週末の剣道とボクシングは無理そうです。
 今週末は腰を労わり、養生しようと思っています。
o2104178413886182974.jpg

しかし、腰痛や痛いところがあるって本当に嫌ですね!患者さんの気持ちが痛いほど分かります。また、痛みがあるときに優しく治療をしてくれる人に感謝です。
また、今回も自分の痛みで勉強した部分もありました。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:47| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

嬉しいとき


 鍼灸の国家試験を取得してからはや34年。
それから臨床をしてきました。

 この年になってやっと思うような効果が出てきて、以前よりは治療もうまくなってきたと自分で思うこともあります。
 そんな中、最近の症例で効果的な疾患の治療をお話してみます。
最近の特におおく来院される患者さんで、ヘルニアの方が多いと思います。
 デスクワークで座って頭を下げた姿勢やスマートホーンデ長い時間下を向いている姿勢が多いと首や腰の椎間板に負担を多くなり、ヘルニアになってしまいます。
 また、運動不足も拍車をかけて筋力の低下が見られます。
 整形外科を受診すると「手術しましょう!」と勧められますが、今までの経験から言うと、「手術は最後の手段で、できるだけ手術をしない方向での治療がよい」と思います。

 特に鍼灸治療は筋肉の緊張を緩め、血液循環を改善することによって血液中のマクロファージがヘルニアの部分を緩和してくれる効果があります。
 少し時間は要しますが、積極的な鍼灸治療がよかとおもいます。

 また、首や腰の痛みが長引くと、精神的にダメージを受けて”うつ症状”が出る場合が多くあります。そのうつ状態への鍼灸治療も”幸せのホルモンセロトニン”の分泌が増えることも分かっています。
 
 次に最近多い患者さんは「不妊症」です。
妊活の鍼灸治療は近年、少しずつ認知されつつあります。
 この半年の間にも数人鍼灸治療と日所生活の改善で妊娠された方も4〜5人おられました。

 いずれにしろ、いろんな病院を転々として、当院にたどり着いて効果が上がると嬉しくなり、治療者冥利に尽きます。

 これからも少しでも多くの患者さんを良くするために自分なりに努力をしていきたいと思っています。
download.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:50| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

たには会関東支部

 昨日は、明治国際医療大学の鍼灸学科の関東支部同窓会の学術研修会がありました。
今回の講師は、NHKの“ためしてガッテン”でもお馴染みの同大学の伊藤和憲教を招いての講演をお願いしました。
 演題は「痛みを理解する」〜知っているようで知らない痛みの最新事情〜という内容で、講演と実技を披露して頂きました。
 最近の痛みの研究では痛みに関する考え方が変化していて、その痛みのレベルに違いがあるので治療に関しても治効機序を踏まえたうえで治療をしていく必要がある。
DSC_0401.jpg

ストレスが多い方には脳レベルでの痛みは神経伝達物質や生理活性か重要な役割を果たしているので、鍼灸治療に加えて、脳内のコンディショニングを行う必要があるという最新の研究内容やエビデンスのお話をして頂きました。
 この講演を通じて多くのことが勉強になり、また、今日からの臨床に役立つ内容でした。

今回のたには会の参加で、私には3つの偶然?必然?がありました。
一つ目は、以前からFace bookで繋がっていた後輩が挨拶に来てくれました。
Face bookでの繋がりは剣道繋がりで、年齢は違いますがお互いに同行を知り、昨日ゆっくり話をすると、鍼灸業界、剣道業界とで共通の知人がいてびっくりするほどでした。
DSC_0406.jpg

話は盛り上がり、自分がお世話になっている「佼成武徳会剣道部に稽古にくる楽しみができました。」と嬉しそうでした。

二つ目は、半年ぐらい前にたまたま中野にお住まいの患者さんをご紹介頂いた国立で開業されている先生にお会いできたことです。年代が違い面識も全くなかったのですが、お互い同大学のOBとういうことで、ご紹介を頂きました。
改めてご挨拶ができてよかったです。

三つ目は、2ヶ月ぐらい前から来院されている薬剤師の先生と先週の金曜に鍼灸治療をしながら話していたときのことです。
「明治国際医療大学のOBでT先生って知っていますか?」とお聞きされ、「T大学を卒業された後、鍼灸大学を卒業されて教育者になられています。」というお話で、「昔、ある漢方の研究会で数年ご一緒されていたのですよ!」と薬剤師の先生とお話しました。

すると偶然にも今回のたには会に伊藤教授の講演を聞きに久しぶりに参加されたT先生にお会いできました。
その薬剤師のお話をするとT先生もびっくりされ是非お会いしたいのでと名刺をお預かりしました。
今回は”たには会”で超偶然の三連発!
世の中って狭いですね(汗)
DSC_0415.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、不都合や問題がありましたらご連絡ください。
直ちに削除致します。

新中野の國安鍼灸整骨院


明治国際医療大学 鍼灸学部(明治鍼灸短期大学・明治鍼灸大学・大学院)の同窓会「たには会」の関東支部のホームページ

佼成武徳会剣道部ブログ

posted by のりじ at 08:10| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

喉元過ぎれば

 腰痛と神経痛から復帰して運動をはじめて、約2ヶ月が経ちました。
症状はと言うと、激痛はありませんが腰の重圧感と足先の痺れは残存しています。
 しかし、運動は剣道、ボクシング、合気道と以前ほどではありませんが練習はしています。
復帰した当初はおっかなびっくりで、慎重に様子を伺いながら体を動かしていましたが、ここ最近は少しずつペースを上げてきています。

 性格的にじっとしていることが苦手なもので、この前のGWも剣道以外のトレーニングもしっかりしていました。
 一昨日ぐらいから腰が重くなり足がつることが多くなり、特に朝の屈む姿勢でズボンや靴下を履くのが困難になってきました。

 そんな時に仕事場のパソコンのスライドショーに出てくる自分の以前撮影した腰のMRIが映し出されると、「これはまずい!またあの時の辛さが・・・・」と怖くなってきます。

 このところブラッジャック鍼灸師が忙しそうなので、ハリをしてもらう機会が少なくなってきています。
download.jpg

 今日はお昼休みに是非鍼治療をしてもらおうと思っています。
これから20年ぐらいは腰も使って行かなければいけないので、できる限りメンテナンスをしておこうと思います。
 治療に来られるご年配の方々を見ていると、腰が悪くて大変方も沢山いらっしゃいます。
「喉元過ぎれば・・・」にならにように自分のことなので腰をいたわりたいと思っています。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:21| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

びっくり!マッチョ!

 治療院にガッチリとした体格のイケメン!
 そのイケメンは、治療院の中の天井を見てサーフィボードをデスプレイしているのを確認して、
「何年か前に一度だけ来たことはあります。サーフボードの記憶があります。今回は肘と腰と・・・治療してもらえますか?」と言われました。

 記憶をたどると・・・??
「もしかして、イタリア人の・・・料理人?綺麗な女性と?・・・」何となく思い出しました。
 そして私は「あっ!思い出しました!」
「四年ぐらい前にいらっしゃいましたね!イタリア料理家で、テレビタレントの・・・以前はお綺麗な女性と来られましたね」と言うと、その方は「先生、よく覚えていてくれましたね!綺麗な女性は今どこかわかりませんが・・・」と、冗談を返してきました。
images.jpg

 実は4年前に来られた時には、私は存じ上げなかったのですが、周りにいらっしゃった患者さんに「よくTVに出ているイタリアのイケメン料理研究家の方ですよ!」と言われ、そのあとにネットで検索したことがあったから記憶に残っていたのだと思います。

 早速今回の症状をお聞ききし、鍼治療をすることにしました。
治療の時に色々話をしていると、空手やスポーツジムでトレーニングをしっかりしているそうで、特に最近は、空手はミスコン(ミスのコンテストに出るような美人)に空手を教えているようです。
 ご本人も、4年前に話したことを覚えていてくれた様子で、「先生も剣道や色々とやっていましたね!」と、武道の話で盛り上がりました。

 「これからは時々治療にきます!」と言われ、イケメン笑顔でお帰りになりました!
 
images.jpg


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 07:35| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

腰のヘルニアも鍼灸は効く!

 今までにも腰椎ヘルニアの患者さんも多く診させて頂きました。
今回も腰椎ヘルニアの鍼灸治療で大変良い結果が出た患者さんの症例のお話をしたいと思います。
 68歳 女性 主婦 病歴 線維筋痛症
半年前ぐらいから、腰、右臀部〜足にかけての痛みと痺れが酷く、整形外科に通院していました。
 整形外科でMRIの撮影をして、腰椎ヘルニアと診断されました。
治療としては、鎮痛剤、ブロック注射を数回しましたが効果が見られません。
整形外科医には「手術しかないですね!」と言われましたが、本人は、手術はしたくないとのことで、ご主人に連れられて、当院に来院さました。
 そして、ご本意とご主人にはヘルニアと鍼灸治療のことをしっかり理解してもらい、週に2回の治療をすることにしました。
sebonePAS00950_TP_V4.jpg

 治療を開始して1ヶ月後、待合からベッドに歩く姿をみて腰椎ヘルニア特有の疼痛緩和姿勢に変化があったので、「調子はどうですか?」とお聞きすると、「痛みはありますが、少しいい感じがします。」と言われたので、「これはいける!」と思い、腱反射などの徒手検査をすると症状がよくなっていました。
 それから患者さんを勇気づけて、週に2回の鍼灸治療を続けました。
images.jpg

昨日の来院が2ヶ月目で、12回目の治療となり、ゆっくりと症状をお聞きすると、以前あった起き上がりの「ビリ!とする痛みがなくなり、歩くのも楽なりました。そして以前からの線維筋痛症の痛みも以前ほどではなくなっています。先日整形外科に診察に行ったら症状がよくなっていますね!はりは効くのですね!とお医者さんが言っていました。もっと早くはりをしておけばよかった!」と言われていました。

 現在の医学会でも、ヘルニアは手術を保存療法が主流ですが、その保存治療が鍼灸というのはなかなか繋がらないところではあります。

「我々鍼灸師からすればなぜ鍼灸治療をしないのだろう?一番効くのは鍼灸と臨床経験を積むと自然とそう思えると思います。」

 いずれにしろ今回の患者さんは、まだ痛みが良くなるには少し時間がかかると思いますが、この方は腰椎ヘルニアの方は、手術はしなくてもいいな!と安心すると同時に本当によかったと思いました。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院

posted by のりじ at 08:10| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

脊柱管狭窄症の経過

 今回、腰を痛めて1ヶ月になります。
もともと脊柱管狭窄が3箇所有り、ここ数年で何度も調子が悪くなり辛い思いをしています。
 脊柱管狭窄症は、腰の骨を伸ばすと臀部から足にかけてのしびれや痛みが起こり、何もしなくても足が痙攣を起こしたりして、いわゆる間欠性歩行(少し歩くと足が痛み、前かがみになると緩和することを繰り返す歩行)になり長い時間歩くことができません。
 今回は約3週間、歩行が困難で、特に就寝するどの姿勢も辛く、足に痺れが出たり、足が異常に冷えたり、腰のやり場がないような状態で運動どころではありません。

 知り合いの整形外科で以前MRIをとって頂いたところに診察に行くと「ブロックして見ます?痛いけどあまり効かないよ!痛み止めの薬を出しときますか?多分、これもあまり効かないよ!」と、自分には本音で話をしてくれます。

 そしてその整形外科医が「インナーマッスルの緊張をとり、血流を高めることしかないから鍼灸治療をしてみれば?もしそれでダメなら手術しかないと思いますよ!」と言われました。

 前回、今回と同じ症状が出た時には1ヶ月半かかり症状が良くなったので、今回も通常使用しない長めの針を使用してもらいほぼ毎日治療をしてもらっています。

 そして、5〜6cm深部のコア筋を狙って針をしてもらうと「ふわ〜ズシン〜」とした響きがあると、腰や足の痺れが楽になるのが分かります。

 鍼治療をしてもらいながら3週間を過ぎた頃、少しずつ症状に変化が出てきて腰の痛みと痺れが少し良くなりました。
 今日で4週間目過ぎましたが、少し歩けるようになり、そして、睡眠も以前よりはとれるようになりました。
 時々、「あれ!今日は調子がいいや!少し動いてみようかな?」と思うと、痺れが酷くなり、「やっぱりまだダメだ!」ということを何度も繰り返します。

 今回の原因はキックの過剰な練習だと思われます。特に背骨を反らす膝蹴りのやりすぎだと思います。
 脊柱管狭窄症にはキックは背骨に負担が多すぎてよくありません。
vol07_img02.png

今後、症状が良くなったら今度はキックなしのボクシングにしようかと思っています。
 「喉元過ぎれば・・・」と言いますが、まさにそうでうね!
 本当に良くなりたいです!

 皆様もこんな脊柱管狭窄の症状の時には迷わず、鍼灸治療をしてみて下さい!

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
新中野の國安鍼灸整骨院

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 07:37| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ためしてガッテン!NHK


 前回、全米テニスの錦織、大阪なおみさんの試合で延期になってしまったNHKの鍼灸の特集が昨晩放映されました。
 我が母校での明治国際医療大学からは伊藤教授と知り合いの鍼灸師の長谷川先生が出演されました。
 
20190220_main01.jpg

昔から肩こりや腰痛などの治療に行なわれていたはり治療ですが、近年、では大人気です。しんきゅう院の数は年々増加しているということです。
今回の内容の一部では、なぜ体にはりを刺すだけで、さまざまな症状が改善するのでしょうかということで、今回は科学の目で、はりの世界を検証!
中国で、はり治療のカギとなる「ツボ」の正体を探っていくと、なんとツボは始めから存在するものではなく、体の不調によって現れるものだという意外な事実を大発見!体を通っているエネルギーの(気)の滞るところにツボ反応が現れるというとこで、そしてついに、ツボの撮影に成功しました!さらには、はりでお腹の逆子がぐるりと回る、奇跡の現場の撮影にも成功しました。また、現在多くの原因となっている脊柱管狭窄症への鍼灸治療が有効なのだということも報道されていました。


ツボって一体何なの?
ツボの正体、実は西洋医学ではまだはっきりとは解明されていません。
 近年注目されているのが、「筋膜」というこれまであまり注目されてこなかった人体の組織ですが、今回行った実験でも、はりが効果を示すとき、やはりこの筋膜を刺激していることが大切なことが分かりました。
筋膜とは、筋肉を包んでいる薄い膜透明な膜です.
190220_02.jpg

無理な姿勢を続けたり筋肉を酷使して使ったりして負担が多いと、この筋膜にだんだんとシワが寄り縮んできます。筋膜には痛みを感じるセンサーが多く存在しているので痛みや不快感を生じさせると言われています。
これがツボの正体の有力な説の一つだとして、近年研究が進んでいるということです。
190220_03.jpg

この筋膜へアプローチはグラストンテクニックとの理論と同じことです。
今回のNHKの”ためしてガッテン”は鍼灸の理解や啓蒙にとってもいい内容でした。
先週と昨日、そして来週と鍼灸の内容で放映されるということは我々鍼灸師にとっても有難いことであり、また、これから医療として少しずつ認知度が高くなることが予想されます。皆様に少しでも鍼灸の良さを知っていただけるよい機会だと思いました

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
グラストンテクニック

posted by のりじ at 08:06| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

腰痛になってみて

 今回、腰を痛めて1週間になります。
思い起こせは、いままで数十回の腰痛を繰り返していいます。
 若い頃から無理をして運動や仕事をしていたので、腰骨が傷んでいるので仕方がありませんねΣ(゚д゚lll)

今回の症状といえば、少しは殿部や足の痛みやしびれは緩和しましたが、歩行時の症状はまだまだ残っています。
 夜に寝ている時も一週間前よりは痛みが軽くなりましたが、姿勢を変えるごとに痛みは出てきます。

2年前にMRIの撮影をして脊柱管狭窄症を診断され、整形外科的には痛み止め、神経ブロックしか対処がなかったもので、自分なりの体幹トレーニングや鍼灸治療で治療してきました。
download.jpg

 多分、今回も整形外科に行っても同じ状況だと思います。

 毎日、鍼灸治療とストレッチで腰や臀部、足の筋肉を緩めて治療をしていますが、まだまだ痛みやしびれがとれるまでには時間がかかりそうです。
 今回も腰を痛めてから考えることが沢山ありました。

ますは脊柱管狭窄症やヘルニアなどの腰痛で苦しんでいる方たちの辛さ、疾患がどうあれ痛みが長く残存している方の辛さや不安感など、患者さんの気持ちがよくわかります。
 特に感じたのは日常生活の大変さと将来位への不安な気持ちでした。

痛みや病気って本当に嫌ですね!しかし、生きているからそんなこともあるのでしょから、生きていることに感謝!そして、健康に感謝!
 喉元すぎれば・・・にならないように、今回の痛みを忘れないように体を労わりながら生活してくことを心掛けて行きたいものです!

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 07:46| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

感動の鍼灸治療

 今回、鍼灸治療で劇的な効果があった症例です。
3日前に来られた初めての患者さん、年齢38歳 男性 学校教諭 
 数年前から時々首が痛み、時々マッサージに行っていたそうです。
なかなか良くならないので、病院を受診してMRI撮影をしてところ頚椎部位にヘルニアがあるとのことで、痛み止めとしてロキソニンを出され様子を観察するとのことでした。

 来院する3日前に首から肩にかけての激痛が起こり来院されました。
来院時は、首を左側に傾けて、歩く時の衝撃が首に響き痛みを感じるのでそろそろ歩く状態で、治療をするときも体を横にするときも痛みで時間がかかる様子でした。

 ご存知の通りヘルニアは、椎間板の髄核が飛び出して神経に触れ、痛みやしびれが起こる病気です。
images.jpg

 症状を診ると今までの経験から「鍼灸治療でも数週間単位で、痛みが和らぐには時間がかる症状だと思い、頸部のヘルニアとその話を患者さんに説明しました。

  以前の学会で頸部のヘルニアの鍼灸治療で有効なポイントを思い出したのでそのポイントを使って治療をしてみました。
 そして治療が終わり、「3日後に治療に来てください。」と言って、患者さんはお帰りになりました。
 そして、昨日、来院されたときに、「今日は首の調子は如何ですか?」とお聞きすると、なんと痛みに耐えかねて辛そうな表情がなくなり「痛みがとれて、以前のスタート状態になりました!」と笑顔で答えてくれました。

 その後、2回目の鍼灸治療をして、「痛みが楽になって良かったですね!しかし、ヘルニアがなくなった訳ではありませんので、これからも定期的な鍼灸治療をしてみて下さい!」というお話をしておきました。
 今回の症例は自分の35年の臨床歴の中でも驚く程の成果でした。
今回の経験で大変勉強をさせて頂いたと思います。この経験を他の方にも役立てるようにしたいと思っています。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 08:02| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

鍼の効果に驚き!

 先日、足を引きずりながらやっと歩いて来られた患者さんがいらっしゃいました。お聞きすると職場からタクシーで来院されたということでした。

問診をして症状をお聞きすると、股関節や足にしびれはどうやら腰から来ている痛みや痺れのようです。
 徒手検査で診てみると脊柱管狭窄症のような症状でした。

なぜかというと自分自身が脊柱管狭窄症で、先週も同じような症状で歩行も困難だったからです。
 その話を患者さんに告げて早速鍼治療をしました。
すると治療後に「少し痛みが楽で歩くのも来たときよりも歩きやすいです!」と、その日は足を引きずりながら帰らました。

 そして、昨日も職場からタクシーで来られ、様子を見ると昨日よりはいい感じで、ご本人も「一昨日に比べると大分楽になりました!しかし、階段がまだ辛いです。」という話だったので、先週自分の脊柱管狭窄症の痛みに対する治療をしてみました。

 すると手応えが感じられ、治療後は一段と深い部分の筋肉が柔らかくなり、足のストレッチも可動域がひろがっていました。
 歩けないほどの激痛、痺れが2回の鍼治療でかなり改善されました。

先週、私もキックボクシングの練習でバービージャンプ(腕立て伏せから思いっきりジャンプするフィジカルトレーング)をかなりして傷めた腰の鍼治療をしてもらい4日で良くなったこともあり、鍼灸の治療の素晴らしさを痛感しました。
 2年前に脊柱管狭窄症がMRIで確認されとときの痛みや痺れは3ヶ月嫌いかかりました。
download.jpg

 その経験から自分で痛めて、鍼灸治療で治したことは貴重な経験です。

 これからもこの経験を活かして、皆様のためにこの経験を活かして治療していきたいと思っています。

朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 10:49| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

のど元すぎれば・・・

 今まで何回腰痛で辛い思いをしたのだろうか?
脊柱管狭窄症と分かって2年が経ちました。
 それなりに自分で治療や筋トレ、ストレッチをしながらコントロールをしてきました。
特にしびれは3ヶ月前からあり、いつも足の裏で葉っぱやティシュペーパーを踏んでいるように感覚がありました。
 鍼治療で慢性的な腰痛と足のしびれが最近よくなってきました。

 相変わらず、週の9回の日々の運動も少し練習内容を見直して、体幹トレーニングをしっかりしていました。
 そんな中、先週の週末、いつものように2日続けて剣道の稽古をして、日曜日は剣道の稽古後、久しぶりに夕方にキックの練習に行きました。

すると、たまたまインストラクターが同郷のしかも高校が同じ岡山関西高校出身の19歳の若い人で、そのグループレッスンを受けることになり、フィジカルトレーニングをうけました

 すると昨日の朝、腰に違和感がでてきて、お昼休みに自分で干渉波の治療をました。
たまたま昨日は忙しく、腰を曲げることが多く、夕方になると腰、臀部、足のしびれが出てきました
帰る頃はお爺さんのように腰を曲げてやっと自転車で帰宅しました。

 今日からブラッジャック先生に鍼をしてもらおうと思っています。
明日は合気道、そして週末は剣道の審判と試合、なんとか早く治したいものです。
「のど元すぎれば、熱さを忘れる!」とは、このことかもしれませんね!
images.jpg

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
佼成武徳会剣道部ブログ

posted by のりじ at 07:19| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

テレビの影響力

 先日NHKで放映された”東洋医学のほんとうの力”という題名で、東洋医学の鍼灸、ヨガ、漢方などが取り上げられました。
 なかなか西洋医学では手が届きにくい病気や症状の改善に用いられている東洋医学ですが、最新の科学を駆使した研究によって、沢山の効果とエビデンスの解明がされてきています。
 医療現場では、世界的にも東洋医学の導入が広がりつつあります。
download.jpg

その番組で鍼灸の話の時に出演されていた伊藤和憲教授は、我が母校である明治国際医療大学鍼灸学科の教授であられます。
 伊藤教授は数々の研究をされており、それらの研究がエビデンスとなり我々臨床家にとって力強い見方と言えます。
0919院長NHK.jpg

 私も放映前にFBや知り合いからの連絡で、この番組を知り拝見させてもらいました。

 このような内容でしたので視聴者も多く、その後、このTVを見られて「東洋医学って凄いですね!この痛みを治すのは鍼灸しかないです!」などと言われて来院された方々も数人いました。
 やはりTVの影響力は凄いものです。
我々東洋医学を治療に用いている鍼灸師もとっては大変ありがたテレビ放映でした。

 これからもこのような番組を放映して、東洋医学、鍼灸の啓蒙を促してもらいたいと願うばかりです。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 08:41| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

坐骨神経痛

 最近の鍼治療の患者さんで、坐骨神経痛の方が多く見受けられます。
坐骨神経痛というものは、腰から足にかけて走行している「坐骨神経」が色々な原因によって圧迫・刺激されることであらわれる症状で、痛みやしびれなど神経痛のことをいいます。
よくあるケースでは、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、酷くなると麻痺や痛みによる歩行障害を伴うことも多々あります。
坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状があらわれます。
 前日もこのような症状の患者さんが数人来られ、整形外科、接骨院、整体、カイロなどの多くい治療をしてきたが、効果がなく、当院を紹介された来院しました。

坐骨神経痛には、鍼灸治療が効果的です。
images.jpg

 先程、説明したように神経が圧迫、刺激されて神経痛が起こるこの疾患は、特に深い部分での神経の障害があり、それらの圧迫や刺激を取り除くためには、鍼刺激が最も有効で、効果的です。
 先日来院された患者さん3人とも、症状が改善されて喜ばれていました。
坐骨神経痛には、鍼灸治療の効果が高いということを覚えていて下さい。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 08:47| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

5月病で多い症状

 よく言う5月病。
新年度で環境の変化から精神的に気持ちが落ち込んできて、気候の変化に体が対応できないで自律神経の乱れやうつ傾向になられる方々も多い時期です。
 当院にもこのような患者さんが多く来院され、鍼灸治療を希望される方が多くなっています。
 まずは心療内科や精神科の受診をして薬を処方されている方がほとんどですが、それでも症状は変わらなく薬を増やされることが帰って気持ちを落ち込ませることも多々あります。
 先日もうつ症状で数ヶ月悩んでいる方がこられ、鍼灸治療をしながらゆっくり話を傾聴していると、「先生、ここ数回の鍼灸治療で少しずつ症状が楽になってきました。」という話をされました。
 この方も心療内科や精神科を何箇所か診察され、お薬を飲んでいますが症状が良くならないで、知人に紹介され鍼灸を希望されていた方です。

 数回治療後にこの方の話を聞いていると、仕事が忙しすぎて心が病んで不安が毎日募り、
毎日不安で仕方がなく、ドロドロとした気持ちが強くなりそんな自分が嫌になり、うつ病の症状が酷くなっていったそうです。
 その患者さんが話の中で、「こんな本を読んで少し考え方が変わりました」と紹介してくれた本が”うつぬけ”という本でした。
この本の内容は著者が実際にうつ病で10年苦労し、体験したことが漫画で書かれ、実際にうつ病から良くなった方の実体験が書かれていて、参考になっていると言われていたので自分もすぐに今日に購入しました。
IMG_8916.jpg


 まだ読み終わっていませんが、心の支えや考え方を変えることができそうな本です。
これからの心の病んでいる方へのお話をする材料として熟読したいと思っています。
IMG_8917.jpg


 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル


posted by のりじ at 06:35| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

頭鍼療法

 先日から読んでいる医師が行っている鍼治療の本に嵌っています。
一冊読んだ後、またまたAmazonで注文をしました。
 時間差で数冊の本が届き、少し焦らされています。
41RRuDpqxEL._SX353_BO1,204,203,200_[1].jpg

この治療は、針を全身の治療を頭の反応点軽く針を刺して、その刺激を脳に伝え、そして脳が、痛みのある部分や運動機能の悪いところを活性化して、痛みを和らげたり、動くようにしたりする治療法です。
 現在このYNSAという治療は、海外でも多く使われ、日本より海外の方が医療に根付いており、特にドイツをはじめヨーロッパや南米のブラジルなどは、この針を医師が行い、保険が適応したり、鍼治療専用の病院施設を設置したりしています。
 もっとすごいことには、この鍼治療を導入したことによって、医療費が何億円に当たる金額が減少したということです。
 副作用もなく、しかも手軽で治療費も安価で、効果がある治療です。
もっと、この鍼治療を広めて、少しでも国民のために役立てたいものですが、特に日本は医療では医師が絶対的権力を持っているので、なかなか難しいでところではありますがいいものは受け入れられると思いますので、鍼灸師が先頭になって推進していきたいものですね。

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 09:02| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

たには会

 昨日、明治国際医療大学の同窓会である”たには会”関東支部の研究会が開催されました。
今回は、お灸治療の臨床における大家である越石まつ江先生の治療院にお邪魔させて頂き、講演と実技の指導をして頂きました。
IMG_8423.jpg

 越石先生は、臨床歴35年を有する方で、ご本人が大病を患ったことがきっかけで、多くの病院での治療から様々治療を試した後にお急に出会いお灸の素晴らしさに魅了されということから現在はお灸だけで8〜9割の病を治していらっしゃる方です。
 昨日の臨床例では、アトピー性皮膚炎、ひどい風邪症状、慢性肩こり、脱毛症、原因不明の難病などの話をして頂きました。

IMG_8442.jpg

 今までのたには会で、治療院をお邪魔して治療を拝聴させて頂く試みは初めてでしたが、今回のたには会関東支部の集まりには遠くは茨城、静岡、神奈川、などから多数の会員が集まり、真剣で楽しい時間を過ごしことができました。

 講演と実技を合わせると3時間ぐらいでしたがあっと言う間の時間でした。
IMG_8440.jpg

今回は、この研究会に妻と参加させていただき、大変勉強になりました。

 お灸というと「熱い!」というイメージがありますが、この越石式灸法は、気持ちがよく身体が真から温まる治療でした。
 各会員にも実際にお灸をして頂き、肌で越石先生の臨床家としてのお人柄をこのお灸のような暖かさを感じることができました。
IMG_8435.jpg

 今回の研究会を通して多くのことを学ぶことができましたので、今後、お灸の練習をして、越石先生が皆様に伝えたかったお灸の良さを広めていける手助けができればいいなと感じると共に本当のお灸の素晴しさを再認識致しました。

  朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
明治国際医療大学 鍼灸学部(明治鍼灸短期大学・明治鍼灸大学・大学院)の同窓会「たには会」の関東支部のホームページ


 
posted by のりじ at 07:59| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

美容鍼灸

 最近、マスコミでよく取り上げられている特に女性の間で美容鍼灸がとても人気が急増しています。顔中に沢山の針をさして、ハリネズミのようです。
鍼灸治療にはツボを狙撃して、血行を良くする効果があるので、それを利用して新鮮な新しい血液を顔に運んでいくことで、シワ、むくみやクマなどといった女性の天敵を改善していく治療法です。さらに同時に、表情筋への深い部分のアプローチが可能なので、リフトアップの効果も期待できます。しかし、鍼灸の素晴らしいところは皮膚の表面上のことだけではありません。美というものは内臓の五臓六腑の変調を整え、体の深部から”気”が充実して、体の中から改善していくものです。外見上の美しさだけではなく体の中から健康になることによってより美しい心と体を手に入れることが出来ます。鍼灸治療は体の調子が悪い部分の根本的な治療を行うことが出来ので、体調の管理や予防にも大変役立つことができます。体全体を診て、健康にしながら、顔面へのアプローチを続けることでより効果的なアンチエイジングが出来るというわけです。

 鍼灸と聞くと、痛いの?痕が残ることはある?という質問をする人が多いですが、それは心配はいりません。内出血を伴うことが時々ありますが、内出血は数週で消えるため、問題ありません。ただ、注意してほしいことがあります。鍼灸はすぐに効果が現れるとは限りません。しかし、数回受けることで肌が整うので、ぜひ何度も通って治療を継続してください。何度も受けることで、鍼灸を利用しなくても肌を保てる体が出来上がってきます。
download.jpg

美容はりは強い女性の味方です!

  朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 

posted by のりじ at 08:59| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

風邪には鍼灸治療を!

東洋医学の鍼灸治療は風邪の治療、予防をすることができます。
背中にあるツボ”風門”から風邪が入り込み、その邪が深くに入り込むと症状が重くなり治りにくくなっていきます。
この風門は邪気が入ったり出たりするツボです。そのようなことからこのツボは特に肩凝りや風邪、頭痛などの治療や予防に効果があるとされています。
 この風門に鍼やお灸をしたり温めたりして刺激すると風邪などの症状は良くなっていきます。
背中のツボには自律神経を調整して、血流を上げる効果があるので免疫力を向上させていきます。免疫力が上がると風邪の症状もおさまり、また、予防にも効果があります。
images.jpg

 そのほかの咳、鼻水、発熱などの症状にも有効なツボがありますので、それらのツボを刺激すると早く改善されます。
この時期、風邪を引くことが多いと思いますが、「風邪を引きそうだな?」と思ったときには、ドライヤーなどで首の後ろを温めると「ゾクゾク」して、気持ちがよいはずです。
 また、「風邪だな?」と思ったら身体を温める食事を心掛け下さい。特に根菜類で、土の中にできるもの、例えば、生姜、ニンニク、芋類、大根、などの食材や黒い食材の黒ゴマ、黒コメ、ひじきなどの海藻類、肉類などバランスが良い食事をとり、睡眠を十分にとりましょう。
download.jpg

 鍼灸治療は全身の抵抗力を高め、それぞれの症状に対しても治療ができ。副作用もありません。これから風邪を引きやすい季節になりました。まずは風邪の予防からしてみては如何ですか?

 朝の慌ただしい時間にブログの投稿をしておりますので、誤字脱字が多いと思います。
 恐縮ですが、お気づきの方は訂正のご連絡を頂けると幸いでございますm(_ _)m
また、投稿写真・投稿内容等について、問題がありましたらご連絡ください。直ちに削除致します。
國安鍼灸整骨院/デイサービスぴーなっつのホームページ

國安鍼灸整骨院モバイル
 
posted by のりじ at 08:43| Comment(0) | 鍼灸治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする