2009年05月26日

昔の偶然の話

今から30年以上前の、私が小学校3、4年生ぐらいの話です。当時、故郷の岡山にいた頃、少年剣士でした。

毎年三月に茨城県の水戸で、全国少剣道錬成大会が開催されていまた。

その大会は水戸で行われますが、私が通っていた岡山の研心館道場は、試合後は東京の後楽園などで遊ばせてくれるプレゼントがついていました揺れるハート
子供のころはそれが魅力で、大会のメンバーに選ばれるために、剣道の稽古に励んでいましたあせあせ(飛び散る汗)
  
私は、8年前から現在の東高円寺に住んでいますが、その当時からとても気になっていた建物がありました。その建物は家の近くで、今は保険会社が保有しているようですが、その前を通るたびになんだか懐かしく、心引かれていました。

ひらめきそんなある日、その建物の前を通ったときに「ピン」ときました。
 30年以上前の小学生の時、水戸大会のメンバーに選ばれて、初めて上京した際に泊まった宿がその建物だと直感しました。当時の館長先生が国鉄の職員だったので、古い記憶で国鉄の保養所だったような気がしていたので、古くから住んでいる方に聞いてみたら、その場所がそうだったと言っていました。

今も当時の記憶があり、その宿の部屋の間取り、夜に皆で枕投げをしたこと、床の間に飾ってあった50〜60cmほどの仙人のような木彫りの像を寝ているチームメートの布団に一緒に寝かせたりしたことなど楽しい思い出がありましたわーい(嬉しい顔)
 
先月、母が上京してきた時、「こんな懐かしい写真が出てきたよ」と見せてくれたのは、その東高円寺の建物の前で、水戸大会に出場したメンバーと同行した家族との集合写真であり、そのなかにパンパンに太っている自分を発見しましたふらふらその写真を見たとたんに何年越しかの心の引っ掛かりがとれてすっきりしましたexclamation×2やっぱりそうだったんだグッド(上向き矢印)
 
初めて上京して宿泊した宿が、現在の自宅の東高円寺というのは偶然です。また、同じ杉並区で東高円寺に近い、方南町の佼成武徳会剣道部に20数年お世話になっているのも何かの縁で、そのときから何かで繋がっているような気がします。
posted by のりじ at 10:15| Comment(3) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

先月の田植えの結果。今日は父の命日。

4月29日の田植えの後、先週末に館山に行った時、田んぼを見に行きました目

苗は根を張っているようですが、なんと・・なんと・・植え方が下手で、曲がり曲がっていました。
 
他の田んぼと比較すると、本当に曲がひどくて恥ずかしくなり、田んぼのすべてをシートで隠したいぐらいでした。写真を公開するのも恥ずかしいぐらいですがく〜(落胆した顔)

お婆ちゃん(多少、認知症気味)に、朝から何度も苗の列が曲がっている田んぼの話をされるたびに、穴があったら入りたいぐらい恥ずかしい思いをしましたバッド(下向き矢印)でも、稲を刈るときに大変なだけで、苗の成長にはあまり関係ないらしいです手(パー)

s-IMG_1386.jpg

 田植えは難しくて、苗をまっすぐ植えることができるようになるまでには、経験、創意、工夫をしながらにしても年期がかかると思います。

今回の田植えは初めてだったので仕方ありませんが、来年こそは何とか少しでもまっすぐ苗を植えられるように、田植え機の運転をうまくしたいものですexclamation×2風に逆らうるんるん赤い〜トラクターるんるん

           s-IMG_1356.jpg
それにしても、くねくねですねがく〜(落胆した顔)

今日は父の命日です。あっexclamation×2そういえば、今日の午前中に、生前、岡山で父に親子三代にわたって治療してもらったという患者さんが、息子さんをつれて中野の治療院に来られましたexclamation×2これってすごい確立の偶然ですよね!父の導きかもわーい(嬉しい顔)
posted by のりじ at 09:22| Comment(2) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ソウル&レゲイ

s-IMG_1159.jpg高円寺にあるソウル&レゲイバーに行きましたるんるん
スター和さんの小、中学校のクラスメートが経営しているお店ということで初めて行きました揺れるハートs-IMG_1161.jpg


このお店の常連さんどうしが、結婚して皆でお祝いの乾杯をするために、自分たちにもウオッカがまわってきましたあせあせ(飛び散る汗)
 
お店の雰囲気もお客さんも音もなかなかいい感じで、久しぶりにエンジョイできました。
s-IMG_1162.jpg  
偶然!
スター和さんがオーナーの同級生を紹介してくれて話をしていたら、このお店は以前東高円寺でレゲイバーをしていて、私も13〜4年ぐらい前に何度か、そのお店に行ったことがあり、その時、このオーナーと話したことがあったようです。

当時話したことは、バリ島の事で、偶然にもバリ人のARIANA(アリアナ)という共通の友人がいるという話になりました。その時の話をオーナーが覚えていてくれたようで「レゲイが好きな、鍼の先生でしょう!バリ島のアリアナ知ってるよね!」って言われ私も記憶が瞬間に蘇ってきましたひらめき
 
「でも何で、俺の同級生の和と先生が友達なの?」と言われ、こうこう・・しかじか・・・と話をしたら本当に偶然だね!と皆で驚いていました。s-IMG_1160.jpg
 
 次の日に、イベントの企画、DJをしている後輩(真)と和さんと食事をする機会があり、昨晩のレゲイバーの話になったら、その後輩(真)も、そのお店で以前誕生日会をしたことがあり、オーナーと話してたこともあり、今後もいいお店なのでイベントを箱貸しで頼みたいという話で盛り上がり、また偶然の知り合いでした。s-IMG_1153.jpg

ぴかぴか(新しい)偶然とは、引き寄せの法則による必然性とコミュニケーションから生まれる。By noriji





posted by のりじ at 12:21| Comment(2) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

幸運の予感

三月のはじめに岡山に帰郷して、お墓参りに行ったときに、赤磐市の佐伯峠でこんな像を見つけました目この像は、かなり大きく金色で手(チョキ)までしていますわーい(嬉しい顔)

s-IMG_1027.jpg

丁度、朝日があたり、後光が差しているように見えるので、余計に有難さを感じてしまいましたexclamation×2

すかさず、カメラシャッターを押して写真を撮っておきました。

多分、今年はいろんな意味で運気がよくなりそうな感じがしましたグッド(上向き矢印)
posted by のりじ at 08:37| Comment(4) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

家系図と名前と刀

先週、岡山に父の法事で帰郷した際に、母が國安家の家系図を見せてくれました。この家系図は江戸時代に作られたもので、それ以前の家系が記されていました。この家系図によると、國安家は先祖代々武士の家系のようです。ひらめきそういえば、昨年まであった実家の物置に鎧兜、短刀、東山の金さんが着ているような両肩が張っている着物や引きずって歩く長い袴などがあり、子供のころ、それらを着てチャンバラ遊びをして、ぼろぼろに壊して、父に怒られた思い出がありましたむかっ(怒り)たらーっ(汗)

s-IMG_1054.jpg岡山の実家にあった物置の荷物を見ていたら、兜とお面がありました目

兄は昔から歴史書を見るのが好きだったので、子供のころに「お前の名前の則光(のりみつ)という刀があった」という話を聞いたことがあり、また家系が武士の家系だということを兄から聞いていたので、そのことが妙に頭に残っていて、40年近くほそぼそ剣道を続けているのも、自分の中での一つの理由かもしれません

兄の話を急に思い出して、ネットで検索をしてみたら、下記の説明がありました。則光(のりみつ)という刀工が岡山の長船というところにいて、国宝級の刀も手がけていたそうです。

父が私の名前を付けましが、字画など総合的に運気がよいということで則光(のりみつ)つけたということを聞いていたので、この刀工のことは知らなかったそうです。s-a-001.jpg

室町初期 備前国(岡山県 )
永享備前を代表する名工、則光の太刀。
 備州長船則光は初代、長光の門人と伝え、現に嘉元三年期の短刀が存在する。銘鑑ではこれを初代とし、二代を延文頃、三代が応永で家助の子とし、四代が永享頃、以後室町末期まで名跡を伝えている。本作の作者は銘鑑でいう四代に該当すると思われ、祐光と並んで永享備前の双璧として名高い刀工である。s-norimitualls[1].jpg
 
本作は、地鉄小板目肌よくつみ、乱れ写りが華やかに立ち、刃文は腰の開いた互の目を基調に、匂口の締まった小乱れ交え、金筋を盛んに交える等、則光の特徴がよく表されている。2尺4寸に及ぶ長寸で、豊かな肉置きに地刃健全で非常に出来野良い同作中の白眉である。
「長船」は、古くから名刀の産地として知られ、名工を数多く輩出してきました。文応(1260〜61年)の年紀が刻まれている助近(すけちか)の刀に「備前国長船住人平助近」、文永9(1272)年の年紀が刻まれている守家(もりいえ)の太刀に「備前国長船住守家造」などがあるのをはじめ、数多くの国宝の指定を受けている名工長光(ながみつ)の正応2(1289)年6月日の年紀が刻まれている刀剣には、「備前国長船住左近将監長光造」などが見られます。s-norimitukan001.jpg

鎌倉時代末期には、元重(もとしげ)・則光(のりみつ)・景光(かげみつ)、室町時代の勝光(かつみつ)・清光(きよみつ)、江戸時代の祐定(すけさだ)などの名が知られます。このように鎌倉時代後期以降、備前長船の刀工の多くは刀剣の茎に居住地として、「長船」を刻みました。
s-a-002[1].jpg
posted by のりじ at 09:03| Comment(2) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

可愛い小さなカメ

昨日、来院されている患者さんとお話をしているときに、ペットで飼っている亀の話題になりました。早速、とても小さく可愛い亀の写真を送ってくれました。

s-image0011.jpg

このカメさんは、ミシシッピー生まれで、飼うのも簡単だそうです。
小さな水槽に入れて、熱帯魚と一緒に飼う事ができるそうです。甲羅干しもしなくていいそうで、時折息を吸い込むと、そのまま水中に潜り、泳いで遊んでいるそうです。

カメらしくない顔で、とても可愛いいですね揺れるハート 
s-IMG_1000.jpg
治療院の近くにある、マニアックな熱帯魚屋さんに売っているそうです。
私も近いうちに、見に行ってみたいと思っています目


s-081031_2222~01.jpgこんな感じの水槽で飼っているんですね。メルヘンチックですねハートたち(複数ハート)

ちなみに、このカメちゃんの名前は、何てつけたのでしょうか?exclamation&question
posted by のりじ at 09:03| Comment(0) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

高円寺で怪しげなお店発見!

ミックから連絡が入り、夕食の誘いがありましたビール
先週サーフィンで右中指の関節を痛めて、サーフィンに行けないので、週末は当分東京で過ごすようです。s-IMG_0952.jpg

いつも行く、川中屋が休みだったので、違う東高円寺の焼鳥屋にサーフィン友達とその職場の友達で行き団欒をしましたわーい(嬉しい顔)

ここの焼き鳥も結構美味しくて、生ホッピーがとても美味しくいい感じでした。
ふと違う席から人が来て、声を掛けられ「今晩は、いつもお世話になります。」と今日お休みだった川中屋のやさしいお兄さんが声を掛けてくれました。
私も「今日、何回も電話してみたのですが、お休みでしたね。また、近いうちに寄せもらいます」と会話を交わしました。

東高円寺のお店を出て、散歩がてらに高円寺の駅まで歩いていきました。
ミック、ターさんの職場の友達も参加していて、この方と私は、今日初対面でした。高円寺までの道中、彼と話をしながら歩いていたときに焼鳥屋の看板を見て彼が「大山(だいせん)地鶏か、田舎の近くだな!」といった瞬間、私はピンと来ましたひらめき私は、いつもの偶然だと思い、彼に確信をもって「田舎はどこ?」と聞くと「岡山です」と私には当然のような答えが返ってきました「じゃあ、同県人ですね」ということで、岡山の話や、東京での遊びのテリトリーなど、共通の話題で盛り上がりましたグッド(上向き矢印)

s-IMG_0954.jpg高円寺駅の周辺を探索して、変わったお店を発見したので、皆で入ってみました。このお店のオーナーはトルコ系の人で、このお店の内装はほとんどオーナーご自身で造られたそうで、大変おしゃれでしたぴかぴか(新しい)また、このお店は水タバコを売り物にしていて、机に水タバコの器具を置いて、お酒を飲みながら吸入して楽しむお店だそうです。   
      
   s-IMG_0960.jpg
 少し怪しげな感じですが、水タバコはニコチン、タールはほとんどカットされていて健康に害はないという話でした。暑い中近東のトルコあたりでは仕事もしないで、ぼーと水タバコを吸うのが生活習慣の一部だそうです。s-IMG_0953.jpg   

     s-IMG_0957.jpg











posted by のりじ at 10:10| Comment(0) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

レトロなブリキのおもちゃ

 先日の吉祥寺の散歩の後、高円寺の街も探検しました。若者のファションの発信地でもある高円寺の街には、パンク系、ロック系、ヒッピー系、お嬢様ドレス系、怪しいアクセサリーのお店、古着屋、など楽しいお店が沢山あります目

その中で、私が興味を持ったのは、バリ風雑貨のお店でした。
ホネホネロックるんるん
s-IMG_0888.jpg
ひらめきバリ島は、私も以前、8回ぐらい行ったことがあり、15年ぐらい前は2ヶ月間の滞在をして、レンタルバイクを借りて島中を走り回った経験もあります。しかし、そのころはクタ、レギャン(バリ島の繁華街)にも意外と素朴な町並みが残っていましたが、現在は郊外に行かないとそのような様子は見られないようです。バリ島も近いうちに、また行きたいです!
s-IMG_0904.jpgバリ風の雑貨屋で興味を引いたのは、バリ島の雑貨ではなく、レトロなブリキの車とバイクのおもちゃでした。ひとつは古いベンツのガルウイングの壊れかけているおもちゃと、古いハーレー、インディアンのサイドカー付のバイクのおもちゃでした。


      s-IMG_0905.jpg
かなりじっくり見ていると、そのおもちゃのしぶさが伝わってきます。 最後まで購入するか?どうしようか?と迷っていましたが、子供たちに急かされて、その店を後にしましたもうやだ〜(悲しい顔)


posted by のりじ at 12:04| Comment(3) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする