2011年05月26日

放射能汚染のバイオによる浄化

 福島の原子力発電所の燃料棒が溶け出している、メルトダウンのニュースをテレビで観ました。福島県内では放射能汚染が益々深刻化している状況が続いていますあせあせ(飛び散る汗)
 そんな中、福島県の川俣町では、微生物による放射能物質の浄化の実験が行われていて、効果をあげているようです。
 
 このニュースを観て、興味が湧いたのでネットで調べてみました目

目的:<東日本大震災の放射能汚染(土壌、動植物、人体、水及び海水)の微生物触媒による浄化>
農地・住宅地・水等の社会インフラの復興、即ち被災地の復興の要は、放射性物質の除去(分解・消失)である。

 このプロジェクトの目的は、複合微生物の耐放射性細菌の微生物触媒による放射能汚染浄化(土地・水・農産物からの放射性物質の除去)実証実験を東日本大震災被災地で行い、広域での実用レベルでの放射性物質除去技術を実証し、被災地の復興の為に寄与することである。

5月6日金曜日。計画的避難区域に指定されている福島県伊達郡川俣町字山木屋石平山(福島第一原発から39km)での実験が開始されました。

 この実験は、高嶋康豪博士が開発した、複合微生物による複合発酵と耐放射性細菌の微生物触媒と生物触媒による科学技術(複合微生物動態系解析による複合発酵を用いた耐放射性細菌の分解菌・分解酵素の現生と発現)を用いて行われています。
(これは微生物工学であり、発酵・増殖・誘導情報微生物工学であるのでシングルセル・モノカルチャー(単一培養法)の技術とは異なるものです。)(5/7 12:15加筆)

 この科学技術は、環境微生物学博士高嶋康豪博士のノウハウ・特許・ライセンスのもとに行われ、複合発酵バイオ資材は、高嶋博士の指導・監修のもとに高嶋酒造で製造されたものです。複合発酵技術は嫌気性菌類と好気性菌類と通性嫌気性菌が共存共栄共生する発酵技術で、世界で唯一の高嶋博士の技術であり、特定の菌による単発酵増殖法ではないことをご了承ください。

上記のような説明文がありました。
今回の原発問題も人間が起こした人災、そして微生物による放射能の浄化。いずれも人間が作り出したもので、自分たちで後始末をしなければいけないですねexclamation×2

放射能のバイオ浄化機構は、いずれにしろ有効率がよさそうです。

今後も、これらのバイオテクノロジーを駆使して早く放射能汚染を減少させて、次の時代に放射能がない土壌を渡し、夢と希望がある安心した暮らしをつくり、次の世代にバトンタッチしてあげたいものですねぴかぴか(新しい)
中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 09:56| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

米国TAIMニュース

 このような記事を発見しました
目

米国TAMEが、痛み特集で痛みに対する最も有効な代替医療として鍼灸治療を紹介する 
 米国タイムは2月24日の痛みに関する特集記事で、痛みについても医学的な知識、痛み治療の現状と将来について詳しく解説した。そのなかで、鍼灸治療が最も有効な代替医療であるとする有名外科医の見解を投稿しました。
 
 TIME最新号の特集「Healing the Hurt(痛みを癒す)中に掲載されたのは、コロンビア大学医学部付属ニューヨーク・プレスビテリアン病院の副理事長で同大学医学部外科教授であるメフメト・オズ博士によって書かれた解説記事です。記事では、米国テレビショーでも有名なオズ博士が、まず、近年の米国における痛みの治療をめぐる動向などを解説しています。オズ博士は、その文章の中で、米国では現在、痛み治療を必要とする患者が急速に増えているにも関わらずいたもの専門の医師や治療法の確立が遅れており、今後、痛み治療が米国医学の中心的課題になると述べています。

そうした現状のもと、オズ博士が「最も有効な痛み治療は代替医療である」と唯一紹介したものが鍼灸治療です。鍼治療は、現在、痛みの治療薬として用いられるイププロフェンなどよりもずっと以前からある東洋医学の治療法であり、医師の間ではその作用機序についての見解は一致していないものの、何らかのエンドルフィン機構(脳からでる天然モルヒネ鎮痛物質)が活性化することで痛みに対する有効な代替医療となっていることが広く信じられているとも紹介されています。
acupuncture-ukiyoe-2[1].jpg

 現在、鍼灸治療は、近隣のアジアは勿論のこと、ヨーロッパ、北欧、アメリカなどでその有効性が認められ、世界中で行われています。しかし、逆に、まだまだ西洋医学が主流である日本のほうが認識が薄いようです。

ひらめき副作用もなく、未病のうちの治療を施し大病にならないような予防を考えると、国民全体の保険料の節約にも繋がるエコロジーな鍼灸治療を世界各国で評価を受けるのは当然だと思います。image[2].jpg

 今回の東北関東大震災の被災地への必要性としても、被災者への肉体的、精神的な症状に対する治療として、医療機械や薬も必要なく、鍼と灸さえあれば、苦痛を緩和できる鍼灸治療が必要とされているのではないでしょうかexclamation&question

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:35| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

まだまだ余震が

 ここのところ少し余震も落ち着いたかのように思えましたが、昨晩も大きな余震がありました。

 今もブログ投稿中にTVから「ピンポン、ピンポン、只今地震が発生しました・・・」とニュースが流れてきましたあせあせ(飛び散る汗)
 相変わらず、宮城、福島、千葉などを震源地とする余震が頻繁に起こりますね。

 大震災直後は余震が起きると緊張して逃げる用意などを考えていましたが、このように何度も余震を感じると慣れてきて、また地震だexclamation&questionどうせすぐにおさまるだろうと安易に考えてしまいます。また、時々、余震でもないのに揺れている気がして目標物を確認さえしてしまうことが度々ありますが・・・私だけではありませんよねexclamation&question
 東京にいる私たちはこれぐらいですが、被災された方々は、物資の不足、避難所での不自由な生活の中、余震を感じるたびに不安が蘇り、毎日不安な生活を強いられていることを考えると心が痛むばかりです(T_T)

 福島の原発事故も先日のハイパーレスキュー隊をはじめ、皆さんの命がけの作業により最悪の状態を切り抜けたようですが、まだまだ安心はできません。

 しかし、不安ばかり考えていても気が滅入るばかりなので、明るい未来を考えるようにしたいですねぴかぴか(新しい)

 今回の地震は犠牲が多すぎることは皆さんもご承知のことだと思いますが、このピンチを国民が一致団結して、ピンチをチャンスに変え、より良い日本にしていきたいものですね!一人一人の意識改革と協力が必要な時です。皆で頑張りましょうパンチ

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

日本人らしさ


 日々、東海関東大震災の報道がされていますTV
世界各国からお見舞いや心温まる支援やメッセージを頂き、本当に有難く思います黒ハート
これは世界各国で、今までに災害に見舞われた国々へ、日本が援助をしてきたお蔭で、これだけの援助を頂けることができたものだと痛感するしだいです。困ったときにはお互い様ですねぴかぴか(新しい)

外国人から見た地震災害の反応を見てみますと、物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。
 運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようです。

 外国人からしてみると、こんな日本人の冷静さ、温かさは本当に素晴らしいと思えるらしいですが、こんなことは日本人としては当たり前のこと。しかし、治安が悪い国々では、多分こうはいかないと思いますたらーっ(汗)
物資や食料の取り合いでの争いが起こっていることが多いと思います。確かに初めのうちは、物資の供給が少なくても、モラルが維持できますが、これが長い時間わたると、我先にと力ずくで物資の奪い合いが起こると思います。

ひらめき日本人には謙虚さ、武士魂というものが心の奥に根付いているような気がします。
日本人で良かったと、嬉しく思えた一時でした手(チョキ)

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ

posted by のりじ at 07:39| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

他の人を思いやる心

 昨日のテレビのニュースで、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの記者会見の様子が何度も、報道されていましたTV
海老蔵さんは11月25日に殴られ、都内の病院に入院。29日に顔の整復手術を受け、12月7日に退院して、同日夜に都内ホテルで記者会見をしました。
酒を飲んでいた際に殴られ、全治2か月の怪我を負った海老蔵さんが、無期限の謹慎を発表していました。
image[2].jpg
 ニュースでの話の内容では、どちらが被害者か加害者かはわかりませんが、このような事件を起こしファンや家族、歌舞伎業界の皆さんに迷惑をかけてしまったことには変わりがありません。それぞれに大人として反省してもらいたいものですむかっ(怒り)

 私の知り合いも、今年の10月末に六本木で酒を飲んで歩いていることろを、後ろから振り向きざまに殴られて、顔と後頭部の骨を骨折して、硬膜出血し、髄液が耳から漏れ入院しました。
 また7~8年前には、友人のマイケルが同じく六本木のアイリッシュバーで、その日知り合った同じ国出身のイギリス人と口論になり、顔面を殴られ入院。いまだに顔面部にはチタンのプレートが入っています。
 これを考えると六本木は鬼門なのかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

ひらめき他の人を憎むことは自分を憎むことです。私たちはみんな一つの宇宙の中に住んでいます。他の人を思いやることは自分を思いやることです。 もしも、敵がいたら今、許そう。憎しみや憤りは、みんな水に流そう。他の人に思いやりと好意を示そう。それはあなた自身の人生にいろいろなすばらしい方法で何倍にもなって返ってきます。

 すべてを受容し、許す。「水に流す」心情こそ、世界に例のない日本人の本質であると言われているそうです。

中野区新中野の國安鍼灸整骨院のホームページへ
posted by のりじ at 08:50| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする